たっこ堂日記

自作曲と落書き。最近何が主目的かわからなくなってきた…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえず

kaze3


おんなじ絵ばっかですみません。
あんま良くなる気配がないのでこれで完成にしときます。

被写界深度萌えー。

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/06/21(月) 18:39:31|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

うーん

途中経過

途中経過。
全体的な感じは大体見えてるけど、何か足りない。

なんだろうなー。

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/06/20(日) 22:24:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

色塗り中

kaze1

色塗り中。影とかまだ塗ってないっす。

影って難しいんですよね。単純に明るい部分の明度を落とすだけでは駄目なようです。
どうも「色陰現象」というのがあるらしく、影の部分は微妙に色自体が変わるらしい。



目は作用する波長の異なる3種の錐体細胞で色を知覚していて、
この細胞それぞれの出力の和と差の組み合わせによって三原色と補色の組み合わせのグラフが描かれるとか。
そんで三種の出力の総和は常にプラスで、これが明度の知覚のグラフになる。
するとある二種類の色を知覚しているとき、総和の出力は明度の曲線の異なった部分に位置づけられるので、
「黄色は緑色よりも明るい」という様なことが起こるようです。

聞きかじりなんで適当ですが、まあそんな感じ。


まあ、要は影色は

○彩度が上がる
○明度が下がる
○色相環上でより暗い色へと色相が移動する

という感じみたい。……面倒やなw
でもこれ知っとくと、例えばギャルゲとかの塗りで肌の明部がほとんど真っ白な理由とかも解かると思います。
彩度がかなり落ちるんですね。

暑いんでビールでも飲みながら続き塗るおー。

テーマ:自作イラスト - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2010/06/19(土) 23:11:11|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

酒がうまい件(あと音楽理論書とか)

お酒ってなんでこんなに美味いんでしょうね。まさしくリリンの生み出した文化の極み。

ちょっと前まではもっぱらビールとウイスキー、たまにワインとかをメインに飲んでたんですが、
最近発泡酒とかも色々飲んでます。
なんていうか、ビールよりも玉石混交なイメージ。

一時「麦とホップ」がありえないぐらい美味かったんですが(プレミアムビールに近いぐらい)、
リニューアルして普通になっちゃいましたね。流通や他社からの圧力があったのではないかという気がします。

「コクの時間」も割と美味いけどちょっとリキュールっぽいかな。もっと苦味があるほうが好きです。
「金麦」は今日始めて飲んでみたけど……うーん。不味くはないけどモロにリキュールだなぁ。

まあともあれ酒と音楽は人類の至宝だと思うですよ。モルツうめぇw


音楽といえば今、KennanのCounterpointを読んでます。今chapter2を読み終わったとこですが、
非常に簡明な書きかたをしているので解りやすいです。
おそらくPistonなんかの本よりも解りやすいのでは?和訳されるといいんですけどねー。

いわゆるバッハあたりの器楽スタイルがメインで、16世紀の声楽的書法は扱ってません。
なので声楽的な書法を学びたければ別の本がいると思います。

何気にIntroductionがいいこと書いてます。ちょっと気に入った文章を抜き出してみると、


"A question might arise as to whether students in jazz programs and those planning to work with music
for mass media should take counterppoint.……(中略)……The late Robert Russell Bennett,long considered
the top arranger for Broadway shows,once commented that counterpoint is the indispensable element in
arranging;if it is missing, the audience's enjoyment of the music will be lessened even though they will
not identify the missing feature."


とは言うものの著者は別にクラシック至上主義とかそういうことを言ってる訳ではなくて、それだけ商業音楽、
とりわけ劇伴の分野では様々なスタイルや語法に精通している必要があるということでしょう。



その先にハイドンの引用として、
"More and more, thoughtful musicians have come to realize that one cannot teach counterpoint 'in general'
without inviting endless controversy as to what is permissible and what is not."

という文章が挙げられます。要は音楽性とは歴史的文化的に相対的なものなわけです。
(そしてこの文からわかるように、規範の崩壊は何も最近に始まったことではない)

そういう意味では、今の消費社会では音楽のジャンルにおいても東浩紀のいうような意味でのタコツボ化が起こっているんだけど、
商業的な作曲家として食っていこうと思うのであれば
その各々の領域におけるスタイルや禁則をなるたけ広く学んでいく必要があるんでしょう。

Counterpointという語の説明もいいですね。

"Fux's Aloysius(フックスの理論書においてパレストリーナを暗示する人物) says,
'It is necessary for you to know that in earlier times,instead of our modern notes,dots or points were
used.Thus,one used to call a composition in which point was set against or counter to point,"counterpoint".'"



なーるほど!目から鱗ですw
counterはまあおそらく対旋律の「対」だろうなーと予想はつくんですけど、
pointってなんじゃらほい?って感じだったのですっきりしました。
いいっすよこの本。洋書に抵抗がなければぜひぜひ。


テーマ:日記 - ジャンル:日記

  1. 2010/06/13(日) 00:44:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

だれかミックスの能力をください……


[VOON] 風花(0607remastering)

結構前に作ったボカロ曲をさっきリミックス(文字通りの意味で)&リマスタリングしてみた。

あまりにもひどい……
自分の好きなアーティストの曲がこんな酷いミックスとマスタリングだったら、
正直エンジニアに剃刀送りつけかねないです。
でも出来ないものはしょうがない。最初のよりはマシだし……。


EQいじってて気づきましたが、ミクの声って10khzと5khz周辺の二箇所に子音成分の痛い部分が集中してますね。
前者はEQ、後者はディエッサーで削りました。

あとベロシティとポルタメントタイムは子音の種類や跳躍に結構気を使って打ち込まないと厳しい。
ボカロのベロシティは音の強弱ではなく、子音の長さと強さの調節なので、モロに滑舌に影響します。


ミックスは結構キックの上にベース、その上にギター、ボーカル……という風な上下のイメージで捉えがちですが、
実際はけっこう飛び地的にマスキングする領域が多い気がしました。
そういう意味で特に重要、というか解りにくいのはベースの2khz、キックの4khz、アコギの100hzあたりでしょうか。
ベースとキックのEQはかなりピーキーにしたほうがいいかも。



編曲も微妙ですが、Cメロ(3:15~)のピアノのバッキングとかは結構好きな感じ。
-Ⅱの和音はテンションしだいで色々使い出がありますね。
特に#11th→3rd→9th→の9thと動くと結構綺麗なクリシェになるので好きです。
でもやっぱミックスが絶望的にひどい……orz

とにかく聴きかえす度に凹みます。だれかミックスやってくれー……。


追記:
あれー、voon用にエンコしたら更に音質劣化してる……。

再エンコードって音質が劣化する場合としない場合が結構差がありますよね。
何なんだろうな。高次倍音の処理かな?

モノクロ漫画のトーンなんかでモアレが発生するのに近いかも。

あと歌詞張っておきます。↓


[歌詞]

冷えた空気の中 ひとり目覚める
白く積もった雪が 窓辺に光る
温かく香る紅茶すすって 
下ろしたてのセーターで 君のいない部屋を抜け出そう

真冬の空は 高く果てもなくて
見上げくじけそうになるけれど
「さよなら」の日に君と決めたから
独り震えても生きる


[※]
消えてゆく想いは ただ雪に溶けて
凍てついた僕の心に積もるよ
せめて最後の記憶がくもらぬよう
風に祈りをのせて


日向えらび歩く 白い街路
枯れた並木にふわり 風花舞いだす
振り返れば遠く 続く足跡
辿り行けばいつかは 二人いた場所に届くの?

喪ったもの 欠片さがし求め
同じ場所から動けずに
繰り返す日々にうずもれてゆく
君の欠けたこの街で

零れていく命を受けとめられなくて
今でもまだこの胸が痛いよ
あの時の君のもとへ戻れるなら
決して離さないのに


残された時間 かすれていく言葉
細く壊れそうな身体
強がりの嘘も
苦しいその笑顔も
僕は守ることができず

[※繰り返し]

テーマ:初音ミク - ジャンル:音楽

  1. 2010/06/07(月) 01:23:01|
  2. 作曲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

じんじゃ

Author:じんじゃ
○趣味 作曲・落書き・妄想
○特技は失踪。

あととてもエロいです。妄念が高じてエロ漫画が描きたくなりました。

ブロとも・相互リンク募集中です。

最新記事

カテゴリ

未分類 (3)
日記 (12)
本 (1)
音楽 (2)
同人 (0)
作曲 (9)
絵 (12)
思考 (2)

最新コメント

月別アーカイブ

最新トラックバック

FC2カウンター

スポンサードリンク

リンク

フリーエリア

ポッドキャストフィード

VOON Podcast Feed

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。